韓国LG産業経済研究部申長焕部長一行がセレンを訪問

2018.08.28 出所:SELEN


CT7A0090.JPG

 

8月28日午前、LG産業経済研究院の申長焕部長、シニアアドバイザーの成楽焕氏、南孝姃女史などの一行がセレンテクノロジー深圳本社を訪問しました。当社の副総裁兼新エネルギー事業本部の高翔総経理、新複合材料市場と技術者などが韓国LGから訪れた専門家を心から歓迎し、双方は新エネルギー車用電池及び電池ソフトパック技術と今後の発展、常緑方向について意見を交換しました。

 

 

CT7A0095.JPG

 

 

訪れた専門家はまずセレンテクノロジーのショールームを見学し、会社の業務配置と今後の発展について話を聞きました。当社はセレンテクノロジーが日本のT&Tアルミラミネートフィルム業務を買収後の中国での業務開拓と市場シェアなどを重点的に紹介しました。

 

CT7A0103.JPG

 

申長焕部長はLGの今後の中国での発展計画を紹介し、LGの電気自動車市場予測に基づき、数年後には現在の10-20倍に拡大し、2025年までに各企業のエネルギー密度の差は縮まり(LGの現時点でのエネルギー密度250wh/Kgで、既存材料システムでのエネルギー密度の上限は350wh/Kgと予測)、電池企業の競争力はコストと生産能力に現れ、大企業の競争優位性は2025年にはより顕著になると予測していました。申長焕部長は同時に、セレンにアルミラミネートフィルムの衝撃耐性性能についてLGと共同で研究を行い、ソフトパック電池の動力電池分野での優位性をさらに引き上げることを提案しました。

 

北京11选5 传奇私服 广东11选5 吉林11选5 吉林11选5 广西11选5 山东11选5 山东11选5